ともいしろの雑記帳

クロアチア在住研究者の日記

マスクが有効な理由が、一つだけだと誰が決めた?

研究でもしょちゅうあることなのですが、というか、今読んでいる論文でもそうなのですが、ある原因からある結果が導出、または予想されるとき、それをたった一つの理由だけ聞いて納得してしまうのは、非常に危険だ、という話です。

 

たとえ話として、「マスク着用はウイルス由来疾患の予防に有効なのか?」問題を。以前にもちょくちょく触れている話題ですが。

さて、私が「マスクはウイルスに対して無効だ!」と主張したとして、その理由が「マスクの網目よりもウイルスのサイズは格段に小さい→ウイルスはほとんど素通りで体内に侵入できてしまうから。」だとしたら、皆様納得していただけるでしょうか?尚、ウイルスの大きさ云々という知識は、正しいとします。それでも、多くの人は釈然としないと思います。

マスクを付ける→ウイルス性疾患にかかりにくくなる、という因果関係を保障する理由としては、ざっと考えられるだけでもこれだけ挙げられます。
(1)ウイルスを物理的にシャットアウトする(これは上記で否定されている)。
(2)マスクによって呼吸器内部に水蒸気が溜まり、これがウイルスを弱体化させる。
(3)マスクはウイルスは弾けないが、他の、サイズが大きい細菌やゴミは防げる。結果、本来これらの雑魚敵に対処していた体力・免疫力の無駄使いがなくなり、ウイルスの撃退に集中できるようになる。
(4)「ちゃんとマスクを付けている!」という安心感と心身相関により、着用していない場合に比べて、身体と免疫力が健康に保たれる(殆ど精神論ですが)。

本当に「マスクなんざ無意味!」と主張したいなら、これらの理由を全て潰さないといけません。逆に言えば、「マスクが有効」だという統計結果だけ見ても、上記の内、どの理由かは判別できないのです。科学論文でも、新しい因果関係を「発見」しただけで、その理由群を「解明」できていない場合、評価は一段低くなります(ゼロにはなりませんが)。

あとメタ分析的な話として、こんな可能性もあります。
(5)油断せずにマスクを付ける人は、他にも自己防衛策(真にウイルス予防に有効なもの)を講じている人が多く、結果、マスク着用者の方が、ウイルスにかかりにくくなる。


個人的には、これらの論点を全て自力で肯定or否定できていないので、マスクが云々という判断は保留中なのです。

 

しかし人間は往々にして、原因→結果の通り道が一本であって欲しいと願うものです。だってそっちの方が簡単だから。単純明快な論文や説明の方が人気を取りやすく、自分自身も安心させてくれます。この誘惑にどこまで抗って、色々な可能性について調べ尽くせるかが、知識人の真骨頂なのかもしれません。
まあ、だからと言って、単なる難癖を「検証すべき可能性だ!」とうそぶいて投げつけるのも、それはそれで問題なんですがね。

f:id:Tomoishiro:20201122040731p:plain